iphone7sのモデムが原因で通信速度に問題が - 期待高まるiphone7sの販売
  • iphone7sのモデムが原因で通信速度に問題が

    Appleから本年秋に発売の見込みがあるiphone7sはモデムが原因で競合他社と同じ通信速度が実現できない可能性が出てきています。
    次期iphoneは現在のiphone7と同じようにモデムの供給を受けると見受けられています。iphone7sの予定しているモデムのQualcommは下り最大1Gbpsの高速通信を実現することはすでに提供されていますが、Intelは今秋発売が予定されている次期iphoneには間に合わないと予測されています。Interを外してQualcommのみのモデムの使用に絞り込むと問題は解決しますが、Appleは単独のサプライヤーに依存しないと方針です。Interが下り最大1Gbpsを可能とするモデムを供給しない限りAppleは現在のiphone7と同じようにiphone7sもモデムの性能を落としてIntelのモデムに合わせる可能性が高いです。同じQualcommのモデムを搭載している他社スマートフォンと比べると通信速度が遅くなると予測されます。



    AppleがIntelのモデムを採用する理由のひとつとして通信キャリア同士に関係があります。



    アメリカの場合には今年国内にて下り最大1Gbpsのデータサービスを提供する企業があり、さらに最大20都市にて1Gbpsのサービスを開始する企業、11市場にて1Gbpsのデータサービス提供を計画することがあり夏から5Gbpsのテストを同じエリアで行う予定があります。


    1Gbpsデータサービスに特に力を入れいている企業では今年中に1Gbps対応のスマートフォンを3モデル提供開始されるといわれていますiphoneは含まれない可能性もあるといわれています。